人工大理石 デュポンコーリアン エコプリモ 大阪販売代理店 株式会社コスモ建材工業

HOME
加工・実績

加工の流れ

切断 鋸、パネルソ-、電動丸鋸などを使って、簡単に切断することができます。
大きなシートもNCルーターを使用すれば自在に切断できますので、多少複雑なデザインも可能です。
穴明け⁄切断 水栓金具などの小さな穴開けには、超硬用ビットのドリルまたはホ-ルソーをご使用下さい。
また、ルーターやトリマーを使うと、シンクや洗面ボウルなどのくり抜き加工も簡単にできます。
曲げ デュポン™コーリアン®は熱加工により容易に曲げることができます。
他の素材ではできない大胆な曲面のデザインが可能です。
接着 デュポン™コーリアン®どうしのシーム接着は継ぎ目がほとんど見えませんので、まるで一体成形したかのような、自然な仕上がりが得られます。
また、ボウルとカウンターの接着面もぴったりと接着するため、カビや汚れの心配はありません。
シーム接着剤
シート適合シーム接着剤のカラー一覧表 PDF
仕上げ デュポン™コーリアン®には木材や金属のように塗装やメッキに当たる仕上げ工程がありません。切削面や接着部分は、#400~#600のサンドペーパーをかけて仕上げます。用途に応じて艶をだす場合はコンパウンドを塗布しパフをかけます。

ご注意

デュポン™コーリアン®のシートは重量物ですので万一の落下などによりケガの恐れがあります。運搬の際は安全のため、すべり止めのついた手袋と安全靴を必ず着用して下さい。

加工に関する詳しい情報は、「設計/加工/施工ガイド」をご参照下さい。資料請求はこちら

エッジ加工

デザイン性にすぐれるデュポン™コーリアン®は、エッジ加工も自由自在です。
どんな形も色の組み合わせも表現することができます。
均一なソリッド素材のため、ルーターやトリマーを使って、さまざまな面取り加工も可能です。

エッジ加工

ルーターやトリマーといった工具を使用することで、他の素材ではできなかったさまざまな面取りができます。また、各種形状のビットを用いてエッジ部分にいろいろな形の化粧面取り加工をすることも可能です。均一のソリッド材ですから、木材のような逆目の心配はまったくありません。

加工について(シート)

木材の加工と同じ工具を使って「穴を開ける」、形状に合わせてミリ単位で「切る」ことはもちろん、熱加工により「曲げる」ことができるのも、デュポン™コーリアン®の特長。

一枚の板から、天然石にはできない大胆な曲面も表現することが可能です。さらに、コーリアン®どうしのシームレス接着なら継ぎ目がほとんど見えず、まるで一体成形したかのような自然な仕上がりに。この自由な加工性が、あなたのイマジネーションをさらにかきたててくれることでしょう。

自由な加工性
自由な加工性
穴あけ加工や曲面加工、形状に合わせたカットもデュポン™コーリアン®なら、特別な工具を用いることなく、設計者やデザイナーが描くカタチを実現できます。すぐれた加工性を生かして、オリジナリティあふれる空間演出をご堪能下さい。
厚みについて
デュポン™コーリアン®は、12㎜厚を主体にさまざまな厚みをご用意しております。12㎜厚タイプは、システムキッチン天板など、多種多様な用途に使用されています。しかし、デュポン™コーリアン®の可能性は、キッチンだけにとどまりません。たとえば、6㎜厚タイプは透光性にすぐれているので、照明器具のカバーとして用いることも可能。洗面化粧台や家具などノンキッチン分野には、10㎜厚タイプも有効です。デザインや用途に合わせて最適な厚さのデュポン™コーリアン®をご選択下さい。

6mmタイプ(3色)

光の演出や什器、腰板などの
垂直面に適しています。
●照明演出・照明器具 ●店舗のディスプレイ等
※カウンタートップには使用しないで下さい。

10mmタイプ(13色)

12㎜タイプに比べ
軽量で作業性に優れています。
●洗面化粧台 ●パーティション ●商品陳列棚等
※キッチンカウンターには使用しないで下さい。

12mmタイプ(65色)

キッチンカウンターなどに適した
強い強度があります。
●キッチンカウンター ●受付カウンター
●テーブル等

厚みについて
サイズ/価格指数表
PDFデータをご覧下さい。
サイズ/価格指数表

加工について(シェイプ)

シートとの組み合わせで、ボウルの位置・カウンター形状、カラーなどのデザインが自由自在。陶磁器製洗面ボウルではまねのできないカウンターとボウルの一体化が大きな特長です。

継ぎ目の美しいシームマウント加工〈カウンターとボウルの一体化〉
カウンターとボウルを一体化することで継ぎ目のわかりにくいスッキリした納まりになります。また凹部がなく汚れにくく、接着部にカビの発生がまったくありません。メンテナンス性や耐薬品性にもすぐれていますので、いつまでも清潔な環境が守れます。
オーバーフローチューブの固定方法
デュポン™コーリアン®製ラバトリーボウル 808、810、815、840(シャンプーボウル)のオーバーフローはチューブ式(図参照)で、排水金具で洗面器に固定するようになっています。図をよくご覧のうえ、正しく固定して下さい。
シームマウントの耐荷重試験
試験方法 ラバトリーボウルに図の様に静荷重をかけ、どのくらいの荷重に耐えられるか観察する。
試験結果 静荷重1,000kgで破壊せず
(試験:埼玉県工業技術研究所)
(ラバトリーボウル810/840)
落球衝撃強度試験
試験方法 500gの鋼球を50cmの高さから落下させる。
試験結果
ラバトリーボウル 808/810/815/840
結果 破壊せず
参考 A社陶器製ボウルは30cmの高さから鋼球を落下させたところクラック発生。

デュポン™コーリアン®の施工事例

デュポン™コーリアン®の施工事例は「デュポン™コーリアン® ニュース」よりご覧いただけます。

デュポンコーリアンニュース